サッカー日本代表のスイス戦の結果をうけて

サッカー日本代表のテストマッチであるスイス戦が日本時間の深夜に行われました。
ライブで視聴しておらず録画もしていなかったので試合内容はわかりませんが,0:2の完封負けとの事で世界ランク六位のスイス相手とはいえ1点も取れない厳しい結果だったようです。
相変わらず点の取れない決定力不足が落胆の共に批判の対象になっていますが,現在の代表先発メンバーと戦術では確かに得点の匂いがしません。
いわゆる格下とみられる親善試合やワールドカップアジア予選で少し点が取れてもあくまでも相手との力量バランスがあっての事で,それでマスコミやファンもそれで舞い上がってしまう事も課題の発見や修正に繋がっていかない要因になっている思います。
選手をスター扱いする事でスポンサーが付きそのスポンサーの縛りで代表メンバーの選出にもしがらみが起きて,ファンや世間から見ても首をかしげたくなるメンバーになっている実情があると感じます。
せめて先発メンバーの入れ替えを次戦のパラグアイ戦では望みたいものです。http://www.mokuzairiyou.jp/