10月17日、ダイショーが食感の都合により自社2商品の自主回収を発表

 10月17日、株式市場取引時間前の8時30分に東証二部上場で鍋スープや焼き肉のタレなど調味料大手であるダイショー(銘柄コード2816)が、自社商品「バラエティ広がる 5つの味のスープはるさめ 164.8g」(JAN コード:4904621070403)及び「おいしさいろいろ 5つの味のスープはるさめ 159.4g」JAN コード:4904621070595)の2商品について、食感が悪いものがあったことにより自主回収を発表しました。

 なお、食感の悪さによる自主回収のために、自主回収対象商品を食しても影響は無いそうです。朝日新聞によると、製造工程で、ハルサメを解凍する時間が通常より長くなったことが原因で、社内点検で発覚したと報じています。

 対象は「バラエティ広がる 5つの味のスープはるさめ 164.8g」は賞味期限が「19.12.26/B」、「19.12.26/C」、「19.12.26/E」とあるもの、「おいしさいろいろ 5つの味のスープはるさめ 159.4g」は賞味期限が「19.08.23/A」とあるもので、2商品ともに賞味期限は商品裏面右下に記載され、製造所固有記号は両製品ともに「DF2」と表示されているものとしています。

 ダイショーは対象商品が手元にある場合は、株式会社ダイショー福岡工場品質保証部(福岡市東区松田 1−11−17)に料金着払いでの返送を呼びかけており、返送した場合は後日に商品代金相当のクオカード送付を予定しているようです。問い合わせ先はダイショーお客様相談窓口(フリーダイヤル:0120-092860)、受付時間は午前9時から午後5時としています。

 なお、17日のダイショーの株価は、始値において前日比1円安の1292円をつけたものの、1310円で取引を終えています。シボヘール ドラッグストア